<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
検 索
その他
管理用
索 引
十干について (6) , 夫婦 (5) , 五行 (4) , 質(星)を活かす (4) , 宿命 (4) , 役目 (4) , 土用 (4) , 因縁 (3) , 結婚 (3) , 干合論 (3) , スペシャル (3) , 天中殺 (2) , 家系 (2) , 中国故事 (2) , 正常性と異常性 (1) , 守護神 (1) , 庚・辛 (1) , 会社の運命 (1) , 経営革新 (1) , 甲子 (1) , 丙・丁 (1) , 十二支について (1) , 集団占法 (1) , 国家占法 (1) , 甲・乙 (1) , 九紫火星 (1) , 戊・己 (1) , 初めに (1) , イギリス王室 (1) , 運命 (1) , 運勢 (1) , 他山の石 (1) , 季節 (1) , 陰陽論 (1) , 孔子 (1) , 過ぎたるは及ばざるがごとし (1) , 壬・癸 (1) , (1) ,
書 庫
12月(甲子月!!)が始りましたよ
sanmeiko004.jpg


皆さん、こんにちは。

2008年12月が始りました。

12月7日~2009年1月4日までが12月となります。

以前にこのプチアドバイスでもお知らせした「甲子」が今月の干支です。

つまり

今月は新しいことをスタートするのにとってもよい、貴重なチャンス月間!!です。
(ただし、甲子が納音になる人は要注意ですよ。逆効果ですから・・・。
   陰占の干支に甲午、乙未のある人です。
   意味のわからない人は是非「算命学講座へ」笑)



あなたにとって今、本当に大切にすべき必要なことは何ですか?

大切なことはいっぱいあるかもしれません。

あれも、これもやりたいかもしれませんね。

・・全部やるのはなかなか難しいものですよね。

でも

ひとつ!ならできます。

ひとつやったら、またひとつ・・・とできるかもしれませんね。


そして気学では七赤金星の月ですので、

お掃除頑張りましょう!
ちょうど師走で大掃除にはもってこいです。

整理・整頓
掃除

してピカピカにして、
自分も磨いて、

忘年会で思い切りはじける!
会食を楽しむ!
楽しいパーティをする!

のが今月のラッキー行動なんですよ~~^^

お手持ちのクリスタルの浄化やちょっとくもってしまっているクリスタルは
ぴかぴかにしてあげましょう!!
大切な宝石類も。です。

キッチンのシンク
ガスレンジ
バスルーム

トイレ

などなど、本来ピカピカであるべきものや場所を磨いてピカピカにすると

とってもいいです!!


2009年は来年2月4日がスタートですが、

甲子の今月、一歩先んじて、始まりの月とする。
または中途半端になっていたことをもう一度挑戦する!のに最適です。


皆さんも是非やるべきことを着実にやり、
約束を見直し、
自分自身も環境も整理して、

楽しい宴やごちそうを味わってくださいね!!



まことぅ~からのアドバイスでした。







  • (2008-12-09 11:40:34)
生剋比論 Ⅲ  (比和とは)
sanmeiko002.jpg


今日はいよいよ生剋比論の最終回、『比和』についてです。


・。・。・。・。 比和 。・。・。・。・


CIMG4205.JPG



同質や同種の二つのものの間の状態、関係を「比和」といいます。

相生でも相剋でも無い状態=二つの間で生じあうことも剋しあうことも無い状態は
いわゆる『友達のような関係』、すなわち「比和」です。

上図では木性なら甲と乙
    火性なら丙と丁
    土性なら戊と己
    金性なら庚と辛
    水性なら壬と癸  の関係をさします。


例えば・・・

人間関係に例をあげるならば、同級生、会社の同僚はもちろん、
たとえ、先輩後輩、部下と上司であっても同じ学校の生徒、
同じ会社で働いている一員、という意味において同質なので比和となります。

さらにもっと解釈を広げれば、同じ両親から生まれた兄弟姉妹や
同盟を結ぶ国と国の状態も比和の関係になります。

「比和」の状態というのは

自分と同質か同じ立場であり、自分を映す鏡のような状態です。

つまり、自分と同質か同じ立場でありながら、
自分ではなく、離れて観察できるもの!なのですね。

並列関係であるともいえます。

比和の関係は団結を生み、強力になります。

木性の比和は一本の草や木が比和すると草原や森になり、
より一致団結した姿にみえますよね。

火性の比和は一箇所の焚き火がそこここにあれば、やがて大きな火となり
火事に発展するような集合体を形成することもあれば、
あちこちに飾られたろうそくの明かりはロマンチックな情緒を感じさせますね。

土性の比和は山が連なり、山脈となり、雄大な姿をみせますし、
国と国が連なって大陸を形成しているのも土性の比和の状態です。

金性の比和はどうでしょう。
一粒のダイヤモンドも美しいですが、色とりどりの宝石がちりばめられた
ネックレスはそれはそれは豪華ですし、
私が大好きな食器(フローラダニカが好き!!)がテーブルにフルセットで
置かれていたら、もう卒倒するほどの輝く光沢を放つでしょう。
これが金性の比和の状態ですね。

水性の比和は川から海へとつらなる様、滝と滝つぼの様子などが
水性の比和の状態です。
海や湖や雨、川といった自然だけでなく、
テーブルにおかれた二つのグラスの水も比和の状態にあります。
そして水は形を持たないため、形がなくても比和を生み出します。


比和は友人的状態で、相生、相剋のいずれでもありません。
しかし、時に、相生や相剋の関係をより強めたり、また抑えたりするのです。

いじめに加わったり、いじめをやめさせたり・・
というとわかりやすいでしょうか?


地球上のあらゆるものが相生、相剋、比和の三つの関係を保って存在しています。

助け合ったり、剋し合ったり、友達のように一致団結したり。

夫婦の間も助け合うこともあるし、喧嘩することもあるし、
仲のよい友達のような時もありますよね~~

3つの状態がお互いに交錯しあって関係は成り立っているのです。

形あるものも、形のないものも・・・


いかがでしたか?

『相生』 『相剋』 『比和』 の関係。


ではまた。



  • (2008-11-15 18:40:51)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21